理系館について

理系館の特徴

理系館の特徴は、合格できるシステムを有し、そのシステムが画期的なことです。

合格力完全定着システム

理系館は、お預かりした高校2年生~高卒生に対して、「科目を絞ってワンランク上位校へ」を目標としています。

全国で46校を展開する私大文系に特化した増田塾のノウハウを生かし、理系専門に特化したシステムを構築しています。モニター開講からの結果を見ても、文系だけでなく理系であっても、科目を絞ることにより、ワンランク上位の難関大に合格できることを証明しています。(ここでいう科目を絞るとは・・・それは後程教室でご説明しましょう)

ワンランク上位校に合格するために必要なシステムが以下となります。

少人数集団授業×強制自習×毎週の確認テスト×補講×対話式ゼミナール

理系館では、少人数集団授業強制自習、理解度を計る毎週の確認テスト、それに補講対話式ゼミナールという合格力完全定着システムを取り入れています。

従来型の「講義に参加して終わり」「先生に教わる」という一方向の指導ではなく、生徒各自の理解度を毎週確認するテストを実施し、補講と対話式のゼミナールで「各課題」について、生徒が先生役を、講師が生徒役を演じて、多方面から解を導き出す過程を徹底的に討論し、「対話」によって真の「合格力」を引き出します。

強制自習

高校3年生から課される強制自習についてご説明いたします。知識の習得には一定の学習時間が必要です。しかしその時間を自宅で確保できるでしょうか?質問があったときに答えてくれる環境があるでしょうか?

理系館の強制自習室には「私語厳禁」というルールがあり、勉強するしかない環境が整っています。あとは生徒自身が「やる気」を開花させるだけです。

強制自習
強制自習
強制自習

確認テストとまとめテスト

毎週の確認テストや年6回のまとめテストは、全て各講師が作成し、講師自身が採点するため、生徒一人一人の点数や理解度を講師がすべて把握できることになります。

この方式は、講師にとって問題作成や採点作業にかかる負担が大きいのですが、理系館の理念に賛同してくれた講師だからこそできる画期的なシステムです。

確認テスト問題

確認テスト問題

まとめテスト

まとめテスト

補講・対話式ゼミナール

理系館の補講とは、通常の授業を補うための講義だけではありません。「ここは難易度が高いな」と思われる項目に関して、より重点的に講義を重ね、難しい箇所があっても「わからない」をなくすためのものなのです。

そのためには補講という講義のみにスポットを当てるのではなく、講義→確認テスト→(補講)→ゼミナールと、確認と復習を組み合わせることによって理解が深まり、知識として完成するものなのです。

私達は教育のプロとして何か一つでも欠けてしまうと、成果は望めないと考えています。

また、理系館では「生徒」は先生から一方的に教わる存在ではありません。特に解法が何通りもあり、解を導き出すのに複雑で面倒な計算を必要とする理系科目では、対話式のゼミナールが成績向上の一翼を担っています。

ここでは先生が生徒役になり、生徒が解法を解説して参加者全員で議論を行います。大学入学後も理系の学部ではゼミやプレゼンは必須です。さらに、社会に出ればプレゼンができない人は「能力が低い」とみなされます。

予備校で理系科目を学びながら生徒の将来に必ず役立つプレゼン能力を高めていくことができるのは「理系館」の真の強みと自負しています。

以下、物理学者で著名なアインシュタイン博士の言葉です。

If you can’t explain it to a six year old, you don’t understand it yourself.

(6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。)

上記名言からも、補講と対話式ゼミナールの効果効用がお分かりいただけると思います。

連絡シートと教科個別面談

毎週欠かさず提出が義務つけられた保護者との間をつなぐ「連絡シート」は、高校2年生から高卒生までをお預かりさせていただく上で欠かせない保護者の方とのツールです。生徒の毎週の様子やテスト結果、進路指導など、多岐に亘る内容を毎週提供しており、保護者の方からも大変ご好評をいただいています。

また、主にまとめテスト後に実施される教科個別面談は、テストを受験しただけでは受けることができません。生徒自身が「ふりかえりシート」を記入し、保護者の方にも確認していただいてから、担当講師へ提出、そして面談が実施されます。

「ふりかえりシート」は、その名の通り、まとめテスト実施後の反省と今後の目標を生徒自身が記入するもので、受け身ではなく積極的な生徒参加型の指導姿勢を貫く理系館の理念に基づくカリュキュラムとなっています。

連絡シート

連絡シート

ふりかえりシート

ふりかえりシート

教科個別面談

教科個別面談室

ページトップへ