講師紹介

教科の指導方針と年間スケジュール

講師より科目ごと指導方針と年間スケジュールをご紹介いたします。

理系館の数学指導の基本

古谷先生

古谷先生

「数学は得意?」

と聞いたとき、面白いことに「数学だけはホント苦手です」か「数学は得意です!」とはっきり答えられることが多いです。さらに面白いのは、苦手な理由や得意である根拠を聞いてみると、どちらも数学という科目に必要な力を勘違いしていることがとても多いです。

私、古谷が考える数学に必要な力。

ある人は正確かつ高速の計算力、ある人はたくさん公式を覚える記憶力、またある人は天才的な閃きというかもしれません。当然それらも必要ですが、そんなものよりも、もっと重要な力があります。

それは、『自分が持つ知識の中で、今取り組んでいる問題を解決するのに一番最適な解決方法は何かを見つける力』です。

いかに迅速かつ正確な計算力があっても、大量の公式を覚えていても、それらを活かす場が分からなければ問題は解けません。また、受験数学においては、よほどの問題でなければ、天才的な閃きも必要ありません。むしろ、受験数学に必要な閃きとは

「あ、この問題は前に解いたあの問題をちょっとひねっただけじゃないか?

じゃあ、こうしたら解けるかもしれない!」

といったような、過去の勉強で積み重ねてきた経験からくるものであり、ゼロから生まれるものではないと私は考えています。

前置きが長くなりましたが、前述の理由から、まず私の授業では

①定義をきちんと覚える。

②公式の理解とその使い道を知る。

③典型問題の解法を習得し、近年の入試問題、志望校の過去問で実践を積み重ねる。

これを徹底していきます。

受験数学に必要なことはこの3つだけです。このどれも欠けてはいけません。

ですから理系館の数学の一年間はとても単純です。

とにかく基礎の徹底です。

基礎とは簡単なことをやるという意味ではありません。

あらゆる問題に対処できる土台が基礎であり、その三本柱が先ほどの①、②、③なのです。

数学が苦手、自分は数学に向いていないと思っている君。

本当に数学に必要な力を身につける努力をしたうえで、苦手と言っていますか?

定義もあやふやで、公式も覚えているけど使いどころも知らない、丸裸の状態で戦いを挑んでいませんか?

数学が得意、数学なら並大抵の奴には負けないと思っている君。

「どうしてこれで解けるか。」まで分かったうえで問題を解いていますか?

実は好きな分野ばかりやっていて、あやふやな分野には蓋をしていないですか?

さあ1年間の学習で飛躍的な伸びを実感しましょう。

理系館の数学年間スケジュール

※スマートフォンでは表を横にスクロールできます。

数ⅠA 数ⅡB 数Ⅲ カリキュラム上の特徴
        入塾前テスト
1 数と式、二次関数 高次方程式    
2 二次関数 高次方程式    
3 三角比 三角関数    
4 三角比 三角関数    
5 集合と論理      
        復習期間
        まとめテスト1・個人面談
6 場合の数、確率      
7 場合の数、確率 高次方程式(二項定理)    
8   指数対数    
9 整数 指数対数    
10 整数      
        復習期間
        まとめテスト2・個人面談
11   ベクトル   夏期講習
12   ベクトル   夏期テスト・前期復習テスト
13 データの分析     夏期テスト・前期復習テスト
14   数列   夏期テスト・前期復習テスト
15   数列   夏期テスト・前期復習テスト
        復習期間
        まとめテスト3・個人面談
16   数列 2次曲線 通常テストと夏期復習
17     分数関数、無理関数  
18     極限 通常テストと夏期復習
19     極限 通常テストと夏期復習
20   微分 微分 通常テストと夏期復習
21   微分 微分 通常テストと夏期復習
        復習期間
        まとめテスト4・個人面談
22   微分 微分 過去問演習
23   積分 積分 過去問演習
24   積分 積分 過去問演習
25   積分 積分 過去問演習
26     複素数平面 過去問演習
27     複素数平面 過去問演習
28 入試演習 入試演習 入試演習 過去問演習
        復習期間
(29)       まとめテスト5・個人面談
29 入試演習 入試演習 入試演習  
30 入試演習 入試演習 入試演習  
31 入試演習 入試演習 入試演習  
32       最終実力判定テスト

ページトップへ