合格体験記

2018年度

2018年度卒業生一同 (PDF)

学習院大学 理学部物理学科

山本太陽君

※この体験記は塾が加工しないように生徒本人の手書きとなっているため誤字脱字はご容赦ください。

山本太陽君:保護者様 (PDF)

北里大学 海洋生命科学部

長谷川祥太君:保護者様

~この一年を振り返って~

理系館でご指導いただけたこと、本当に感謝しています。

思えば一年ほど前の今頃、息子は理系の海洋生物系が希望でしたが、本人の目指していた大学はおろか、他の大学の学部に全て合格することが出来ず、浪人を覚悟しました。

大手の予備校で、大勢の中で勉強することは、高校三年まで経験しましたので、このまま同じ方法で積み重ね学習するか、それとも違う方法を見つけてトライするか、そんな時に理系館のことを知り、面談をして頂きました。なるほどと思うことがたくさんあり、ここで一年頑張ろうと家族で話し合って決めました。同じ理科系でも、物理系志望の方が多く、勉強についていけるか心配でした。ですが、受験に足りない科目のこともアドバイスしてくださり、大規模ではない少人数のメリットが最大限生かされて、この一年間懇切丁寧に指導して頂きました。

もちろん、一に努力、二に努力で、本人の努力がなくてはなりません。朝から晩までコツコツと。逃げたいことも何度かあったかもしれません。自分にとって難しい問題にも一生懸命向き合って、この一年頑張ってきました。年末、思うようにならず、親子で進路変更しようかと考えたこともありました。

その時も、理系館で本人のモチベーションを立て直して頂きました。受験校への対処法も一緒に考えて頂き、やる気を起こすことが出来ました。

最後まで頑張る!諦めずに努力する!そうして希望した大学、学部に合格できたことは、本人にとってこれからの宝となるでしょう。大学に入学しますと、またまた大変だと思いますが、大好きな分野で思い切り勉強に励んでもらいます。

理系館の先生方、チューターの皆様のおかげです。学習指導して下さり、本当にありがとうございました。

長谷川祥太君

僕の浪人生活は昨年の2月大学受験に失敗してから始まりました。昨年の僕は勉強する習慣が付けられずに圧倒的に勉強時間が足りませんでした。そんな僕が最初に理系館の強制自習について聞いた時に入塾しても1年間継続できるか?正直心配でした。しかし講師やスタッフの方々の励ましやきめの細かい指導のおかげで実際につらかったのは最初の10日間くらいでした。その後は勉強する習慣が身に付き特に問題なく毎日10時間程度の学習をこなしていきました。

僕は浪人を始めた時に国立大学を目指していましたが数学、英語、理科の基礎力が足りない中、国語や社会にも中途半端に手を出してしまい肝心の英語や数学の授業についていけない状況となってしまいました。

その後スタッフの方との面談を重ねて主要3科目を絞り込むことを決意しました。

この時のアドバイスが無ければ今回の合格は無かったと思います。科目を絞ってからは毎週の復習テストでも良い点数が取れるようになり、自信に繋がりました。しかし今思えばなかなか成績が思うように向上しないでいた 10月、11月は特に不安でした。猛勉強を辞めたいと何度も思いました。

しかし毎日理系館に通学し、講師、チューター、スタッフの方々にアドバイスを貰い、質問を繰り返すうちに成績がどんどん伸び始めました。最終的には模試でも結果を出すことが出来、第一志望の北里大学海洋生命科学部に合格できました。やはり最後まで諦めは禁物です。

最後になりましたが1年間お世話になった先生方、チューターさん、そして進路指導についてきめ細かいアドバイスを頂いたスタッフの方本当にありがとうございました。

青山学院大学 理工学部

浅井徹君:保護者様

浪人生・・・・高校を卒業して大学生でもなく社会人でもない、「浪人生」なんだかとても長いトンネルの入口にでも立たされたような気分でした。でも一番つらいのは本人であり母である私がこんなに落ち込んでどうすると自分に言い聞かせたあの頃を思い出します。

何より辛かったのはママ友から聞かされる何気ない子供たちの楽しく大学生活を送っている様子でした。ある子はサークルにある子は教習所へ・・・・等々。時には全く勉強しないで遊んでばかりで・・・なんて声まで。そのたびにああこうも置かれている状況が違うとしみじみ感じました。しかし母親がそんなに落ち込んでいていい影響はないと気持ちを切り替えてからは時がたつのが早く感じました。大手予備校にはない毎週の理系館からの連絡シートに勇気づけられたこともしばしばです。

浪人生活が始まる前は暗くて長いと身構えていたトンネルも途中からは意外と短いように思えてきました。私が気を付けていたのは健康面です。とにかく体調を崩さないようにただそれだけです。

時には息子の持っていき場の無い理不尽な言葉と向き合いつらい時期もありましたがその気持ちに寄り添えるように心がけてきました。入試が終了し志望校に合格できました。

これもひとえに理系館の方々に支え導言え頂けたことが何よりだったと心から感謝しています。

同級生より1年多く集中して学んだ経験が4月から始まる大学生活をより充実した価値のあるものになると信じて見守っていきたいと思っています。

浅井徹君

私は高校3年生になるまで学年で30位以下の成績は取ったことがありませんでした。当然現役で自分の志望校には合格するものと思っていました。しかし3年生になると目標もなくやる気も失せてしまい勉強をしてきた自分が嫌になりました。結果、現役時の受験はすべて失敗に終わりました。

浪人することを決めて塾選びをしていた時、大手予備校より規模の小さい塾を探しました。

その中で理系館は理想通りの環境でした。

強制自習が魅力的で選んだのですが、講義が始まるとその決め手は先生方への絶対的な信頼に代わっていきました。説明会や体験授業で魅力を感じていましたが、講義の的確さと毎週行われる復習テストにより、各教科で短期目標が明確になり、その成果を実感、確認することが出来るのです。数学は自分ではわからない小さな穴が指摘され分かりやすく解説されて進度も丁度良いペースでした。英語は苦手だったのですが中学英文法の基礎から始める授業に驚きました。毎週のきめ細かい暗記プログラムも今となっては、ち密に計算されていたのだなと実感しています。

物理は特に苦手で偏差値40程度だったのですが本質を的確につく講義で難しいものでしたが、理解が進むと手に取るように難問でも解ける不思議なものでした。

何よりもすばらしかったのは試験直前に見て素早く頭に入ってくるノートが作成できたことです。

それが受験の時に欠かさず持っていくお守りでした。

自分の中でうまくいかなくて悩んだ時期もありましたが、その都度的確なアドバイスを頂き、受験校選定においても自分では気づかないところから複数校の日程を追加することが出来、私の適性を見つけ出してくれる理系館の素晴らしさを感じました。入塾して本当に良かったです。

立教大学 理学部

内野万里君:保護者様

1年間の予備校生活を始めるにあたってまず予備校選びを慎重に行いました。講義を受講しわかった気になるのは危険で演習を繰り返し身に付けていくことが重要だと本人には話をしました。そして本人に理系館に決めさせたことが結果につながったと思います。

講義がスタートしてから夏期講習までは本人も気が張っているためよく頑張りました。その後体調を崩してしまい勉強が手に付かない時期もありましたが理系館のスッタフの方と連携してあまり発破をかけずに出来ていることを褒めてあげるように声掛けをしました。

苦手の英語には苦労しましたが中学英語からスタートして頂き、何とか他科目の足を引っ張らない程度までの実力を付けさせていただきました。

好きな物理や数学を楽しく勉強させて頂き、志望校への合格を手にすることが出来ました。

1年間お世話になりました。感謝申し上げます。

理系館補足:

内野君の出身高校から立教大学への進学者は10数年ぶりとの事で学校の先生方からも大変な喜びと驚きのお声があり、その後僅かずつではあるが立教大学への進学者が増えていっているそうです。

東京都市大学 知識工学部

塚本大賀君:保護者様

一年前の今頃、受験した大学全部が不合格で、浪人してでも大学に行きたいと息子の希望で、この先どうなるのかと不安な気持ちで予備校を探していました。

現役時代は個別の指導塾に通っていましたが、大した受験対策もしないままの受験、結果全部不合格でした。手応えもまったく無かった様なので、今の成績で一年も無い期間で、積み重ねの大切な理系の大学に合格する事は可能なのかという事と、なんとなく予備校に通い勉強をした気になって次の受験も今回と同じ結果になるのは避けたい等という、いろいろな思いでいっぱいでした。基礎もあやふやな状態で大手の予備校に通っても授業についていけないだろうと思い、基礎から教えてもらえて一人一人に目が届く小規模な塾の様な所がいいと探していた所、理系館がほぼ希望通りでした。

個別説明会で行きたい大学を伝えた所、欠席せずに受験まで通えば本人の努力次第ですが、ここの大学は大丈夫、ここは難しいかもしれないと具体的に説明して頂き、こちらに通えば来年は合格出来る可能性が高いと思い、お世話になる事にしました。4月から通い始めたのですが、浪人は勉強するのが当たり前とはいえ、受験までの期間、毎日ずっと勉強を続けていく事は出来るのか心配でしたが、嫌になって休む事はありませんでした。

毎日コツコツ勉強していても、基礎が無いので思った様に進まなかったみたいですが、受験まで辞めないで通えば合格は出来ると信じていたので、基礎が無いから成績が上がらないのは当然だから辛抱強く頑張れば大丈夫と言って励ましていたと思います。

毎日の頑張りの成果が出てきたのが年末頃からで、まだ不安定でしたが、昨年不合格だった大学に合格出来るレベルにまでなってきていたようでした。そして、その大学を受験したのですが、大丈夫だと思っていた試験で今回も不合格になり、本人は出来たつもりで手応えもあったのに不合格だったのがとてもショックで、かなりの落ち込み様でした。そこまで手応えがあったのなら、このまま不合格で終わるより後期試験もあるので受けた方がいいのではないかとの事で受験する事に決め、理系館に連絡をした所、通常の授業は終わっていたにもかかわらず、指導して頂ける先生をすぐ手配して下さり、後期試験までのほぼ2週間の予定を組んでいただき、通って指導を受けられる様にして下さいました。受けた試験の答案を先生に見て頂いた所、昨年以前の合格最低点数と同じ位の点が取れていたようで、それだけの点が取れるようになったと実感出来た事が、息子には自信と励みになったようでした。

後期試験までの2週間、ここまで出来るようになったのだから何とか合格して欲しいとの思いでいっぱいで、母親の私の方が息子本人より緊張していたかもしれません。途中で体調を崩し心配しましたが、受験の結果、念願の合格を頂きました。

一年前は先も見えず不安な気持ちでしたが、一年後の今、希望していた大学の合格を頂き、最後の最後まで諦める事なく頑張った息子は相当な努力をしてここまで出来るようになったと思いますが、それは辛抱強く最後まで支えて下さった理系館の皆様方のおかげだと思っています。とても感謝しています。希望の大学に合格して浪人生活を終える事が出来たのは本当に良かったと思います。ありがとうございました。

ページトップへ